小平のインテリア:リビング照明の話
2013年5月 1日 18:31
東京
 
 

こんにちは。

東京西営業所所長の松岡です。

 

なんとかGWに間に合い小平完成いたしました。

多くのお客様が見学に来ていただいております。どうもありがとうございます。

さてさて、今日からは小平のインテリアをご紹介しながら

マイホームのインテリアに参考となるお話をご紹介してまいります。

 

今日はリビングのご紹介。

こちらは小平の弊社分譲住宅のリビングです。

小平リビング.jpg

 

 

 

小平リビング2.jpg

 

今回はスッキリとした印象にしたかったのでリビングはダウンライトを主照明にしました。

ポイントはテレビ台の後ろ。壁を少しフカしてサイドにシームレスラインライトを設置しました。

写真で見ても素敵ですよね。。。。でもこれって、新築住宅なら意外と簡単にできるんですよ。

ダウンライトやシームレスは新築時では簡単に設置ができます。一度、建物が完成してしまうと

なかなかこんな演出はできません。

日本の照明の考え方は一部屋に一照明(それも蛍光灯で)。

なぜか賃貸住宅などはほとんどがこのパターンですよね。

まず考えてみてください。高級ホテルのお部屋で蛍光灯だけのお部屋なんて

考えられませんよね。

 

インテリアの先進国である欧米では用途に応じて多くの照明を配置した

ご家庭がほとんだそうです。多灯にすることで空間に明暗が生まれ

広がり感を出すことができます。たとえば、上の写真、左手の二つのダウンライトは壁の額を照らしつつ

壁をてらすことで間接照明としての役割をしています。

またテレビの裏のシームレスは視聴中にイヤな光が眼に入らず落ち着いて映像を観賞できます。

写真ではわかりにくいですが、壁の内側はブラウンのアクセントクロスになっています。

広いリビングの一面にアクセントがあるので奥行き感のあるリビングに仕上がりました。

 

なかなかカッコいい。。。。

照明の費用って皆様、とても高額に考えていますが

実際は建物全体の建築コストの1%程度です。

マイホームのご計画の際には照明をこだわることがおすすめです。

ワンランク上のインテリアになりますよ。

 

是非小平の分譲展示場を一度、見に来て下さい。

 
松岡 正平
 
  • 東京・埼玉・神奈川・千葉エリア
  • 静岡エリア
  • 愛知・岐阜エリア
 
家づくりのご相談
オーナーサポート
ご紹介提携
 
ページの先頭へ
プライバシーポリシー
Copyright©MISAWAHOME CERAMIC Co.,Ltd.All Rights Reserved
 
HYBRID製品一覧