長所と短所の話
2013年2月11日 20:55
東京
 
 

こんにちは。

東京西営業所所長の松岡です。

本日も本当にたくさんのお客様のご来場ありがとうございました。

 

本日は立川市のT様邸の上棟(ユニットの組立)でした。

天気にも恵まれ風もなく最高の組立日和。

友引のめでたい日に素敵な棟上げを拝見させていただきました。

ご主人様がニコニコ顔で写真を撮られているのがとても印象的でした。

夕方には無事に屋根もかかり、あと約1か月で完成です。

たのしみですね。もうしばらくお待たせいたします。

 

T様上棟.JPG

 

T様の奥様はピアノの先生でいらっしゃいます。

マイホームのご検討当初より

〇遮音性が高いこと

〇グランドピアノを2台設置できる広い空間と頑丈な構造

この二点に重点を置いてハウスメーカーの検討を行っておられました。

 

当社をはじめ数社のご入居者様を見学され、遮音性を体感して最終的にミサワHYBRIDに決めていただき

本日を迎えることができました。

 

ミサワホームHYBRID住宅の優れた遮音性は数値で表すと、およそマイナス46デシベル

一般的なハウスメーカーの遮音性がマイナス35デシベル前後。

 

10デシベルの差は人間の耳には倍くらいの体感差があると言われます。

 

例えば、交通量の多い道路の近くや線路の近く、またT様のように楽器をお使いになる方でも

余計な工事を行うことなく標準仕様で高い遮音性となっていますので是非おすすめです。

 

ミサワホームのHYBRID住宅は簡単に言うと木造と鉄骨造とRC造のイイとこ取りをしたような工法です。

鉄も木もコンクリートも長所の裏には短所があります。

その短所を補いながらHYBRIDさせた住宅がミサワHYBRIDです。

 

マイホームを考える上で満足いただく家を建てるコツ。

それはご家族の要望を一度、箇条書きにしていただき

そのご要望に優先順位を付けることだと私は思います。

そして優先順位の高い要望を完璧に満たし、低い要望は犠牲にする。

全ての要望を少しずつ満たそうとすると、経済的にも住宅事情的にも中途半端な家になってしまいます。

 

〇広いリビング

〇みんなが集まるLDK

〇趣味を満たす空間

〇大きな収納

などなど

 

『遮音性』と言うご要望も裏を返すと、音が聞こえないと言うマイナス要素にもなります。

例えば、『にわか雨の音に気付かず洗濯ものを取り入れるのが遅くなった』とか

『子供が庭でけがをして泣いていたが声が聞こえなかった』とか。。。。。

 

以前、私の担当したご入居者様でこんなご意見を頂戴しました。

『ミサワHYBRIDの建物は本当に静か。車の音が全く聞こえなくて嬉しいわ。

でも春先にウグイスの鳴き声が聞こえなくて残念なの。。。。』

なるほど。。。と思いました。

 

T様は優先順位がとても明確だったので、きっとご入居いただいてからも

ご満足いただけることと思います。

 

マイホームをご検討のお客様には長所と短所をわかりやすくご説明し

本当にご満足いただけるマイホームを提案していきたいと常々感じています。

 

長くなってしまいました。。。。T様には組立の見学会にご協力いただき大変ありがとうございました。

近隣の皆様にもご迷惑をおかけしましたがご協力ありがとうございました。

 

 

 
松岡 正平
 
  • 東京・埼玉・神奈川・千葉エリア
  • 静岡エリア
  • 愛知・岐阜エリア
 
家づくりのご相談
オーナーサポート
ご紹介提携
 
ページの先頭へ
プライバシーポリシー
Copyright©MISAWAHOME CERAMIC Co.,Ltd.All Rights Reserved
 
HYBRID製品一覧